恥ずかしくて生足になれなかった夏

私はムダ毛処理はいつもカミソリで行っていました。
ワキも手足も全部カミソリで剃って済ませていたんです。
ワキなんかはあんまり綺麗にはなりませんが、一応目立たなくはなるので良いかなぁと思ってました。
手足はそんなに毛も生えてないので、剃ってしまえばツルツルになるんですよね。

ところが、あるときいつも使っていたカミソリが壊れたので、新しいものを購入したんです。
カミソリなんてそんなに差は無いでしょうと思ったので、百均で買ってしまいました。
これが大失敗で、剃りにくいわ傷だらけになるわで、四苦八苦しながら足のムダ毛処理が終わってみると、
ムダ毛は残ってるし、すねのあたりがザクザク切れて血が滲んでいました。

剃りにくいと思った時点でやめれば良かったと後悔しましたが、後の祭りです。
ザクザクになったところは傷になり、治るまでとても生足は出せないような状態でした。
もう大丈夫かなと思ってちょっと生足になってみると、友達に「処理失敗したの?」ってすぐばれてしまい、
本当に恥ずかしい思いをしました。
やっぱり肌に触れる道具はいいものを使わないといけませんね。

私はそれ以来カミソリ恐怖症になり、今は除毛クリームでムダ毛処理を完結しています。

自己処理よりも

女性の顎にヒゲが?

女性にとって、ムダ毛のケアは重要ですよね。
もしも気を抜いて、それを友人ならまだしも、
気になる男性に見られたりしてしまったらと思うと、
本当に恐ろしいですよね。

気になるムダ毛の箇所として、
腕や脚、脇やアンダーなどが主だと思うのですが、
女性でも、人によっては「こんな所から!」という場所に、
濃いムダ毛が生えていたりするんですよね。

一度本当に驚いたのは、
私の友人の女性の顎に、
濃いヒゲが生え始めた事でした。

確かに、あまり女性らしくない、
男っぽいところのある友人でしたが、
彼氏もいたくらいだったので、衝撃的でした。

男性ホルモンが多いんだろうなあとは思いましたが、
わりと、しっかりとした太さのものが3本くらい生えていました。
本人はそれほど気にしていないらしく、
抜いていたそうなのですが、抜けば抜くほど濃くなって行ったそうです。

ムダ毛の処理して濃くなるっていうのは、
本当に怖いですよね。
私も、自分のすね毛の中に、数本だけ濃いものを見つけてしまいました。
これは、繰り返しムダ毛の処理をしたから太くなったのでしょうか。
そう考えると、怖くてむやみに処理できなくなってしまいますよね。
そうは言っても、ムダ毛の処理をしないわけにはいかないので、
慎重にやるようにはしています。

脱毛のリンク?

「毛深いよね」…言われんでも分かっとるわい!

「女の子っておしゃまで罪な生き物だ」と幼いながら心底思っていたクール女子だった私。
達観していたのではなく、人が気にしている外見の悩みをご丁寧に声に出して
本人にズバリ言ってくる無神経な物言いに何度も傷つけられてきた結果、斜に構える女子に仕上がったというわけ。

はじめてムダ毛のことを言われたのは、小学校2年生の時だった。
その頃には「私って、毛が濃いのかな?」と周りのクラスメートと比べてなんとなく思い始めていたけど、
「気になる」というレベルではなかったわ。
あの夏の事件さえ起こらなければ、学生時代ずっと「ムダ毛」を気にし、「ムダ毛」に悩まされた青春時代にはならなったかも。

小学校2年の夏、プールの授業の時のことよ。
水泳の時間だけは水着なので、腕も脚も背中も周りから見られ放題だし、とにかく気が重かったわ。
でも意外と周りはプールに大興奮で誰もムダ毛に気を留めなかったから、内心ほっとしたその時、ついに衝撃の一言が…。

「えーっ、なんか毛深くない!?」

たまたま隣にいたクラスメートの女子の声がプールサイドにこだましたと同時に、
一瞬にして凍りついてしまった少女の私。
確かに、流れ落ちるプールの水で、私の腕は渦巻蚊取り線香状態、
脚には見事なゼブラストライプ模様ができていたわ。

さすがに面と向かって言われると、落ち込むしムダ毛が急に気になって仕方がない。
「いちいち言われんでも分かっとるわ!」と言い返したいのは山々だけど、
自分の腕や脚の英術的な模様をまじまじと見てると事実だから何も言い返せなかった。

「え~、なんか毛深くない?」の一言は大学生活が終わるまで私の心にぐっさり突き刺さったまま、
ムダ毛が気になって、気になって仕方がない、
ムダ毛に翻弄される青春へのプロローグとなりました。

インプレッサを値引きする
クラウンを値引きする

シーサイドでヤバッ!

それは短大生の頃でした。
女の子の友達同士で海へ遊びに行っていたとき。
こちら5人程のグループでしたので、
やはり5人グループの自称大学生の男の子たちが
声をかけてきました。

一緒にビーチバレーを砂浜で楽しみ、
海へ移動しつつ、バレーを続けていたそのとき、
千葉の房総なので、波の勢いが強く、強い波がきたとき、
足元をすくわれてころんでしまいました。

おまけに波にもまれて転がってしまい、
どっちが上でどっちが下なのか砂にまみれて
わからない町田で脱毛状態でパニック!

遠くからみたら、「なにしてるんだありゃ」状態
だったと思いますが、波にもまれた勢いで
ビキニのビキニラインがコマネチ状態。
髪もぼさぼさになって、立ちあがり、顔面蒼白の
私の股間に、みんなの視線が、、。

そうなんです、ビキニラインの無駄毛処理をしておくべきだった。。。。
あとの祭りでした、恥ずかしくて穴にはいりたい気分でした。

思春期のムダ毛を指摘された

人より成長が遅かった私。中学に入ってまだ生理も来て無かったし、胸も膨らんでいなかった…
だからなのかあまり自分の事に気を遣わなかったんです。

部活はバスケ部で一生懸命部活に励んで朝と晩の練習も一生懸命でした。
そんなとき、小学校からの同級生の男子に「ワキ毛ボーボー○○さん」とひとこと言われました。

「は?何言ってんの?」とその場は済んだのですが、
帰宅してワキを見てみると、数本ワキ毛がはえているではないですか!?

たぶん部活で両手挙げてディフェンスしてた時に見えちゃってたみたいで…
まさかワキ毛が生えているなんて思いもしなくて、
そういうところを気にしていなかった自分が情けないやら恥ずかしいやら。
その日のうちに毛抜きで抜きました。

そんなこんなでそれ以来徹底的に全身のムダ毛処理をはじめたのは言うまでもありません。

町田で脱毛

憧れのパーツモデルになって人生を謳歌

女なのに毛深いのが悩みの私が、もし脱毛エステで全身脱毛をして全身スベスベなお肌を手に入れたら、まずやってみたいこととはパーツモデルです。

例えばうなじだけのモデルとか手だけを見せるモデルとか、そういったことにチャレンジしてみたいと思います。

私自身顔やスタイルにはけっして自身があるわけではないですが、うなじや手には少し自身があります。
とくに手はピアノをやっていたため指先がけっこう長く、自分では気にいっているパーツです。
ただよく見ると産毛などで毛深いためそれが難点です。

なので全身脱毛をして手がツルツルになったら、もっと堂々とその手を人前にさらしていきたいです。
よくコマーシャルや雑誌で手だけのアップがありますが、そういったことが私にもできたらきっと人生が楽しくなるだろうなと思います。

憧れのパーツモデル、ぜひ挑戦してみたいです。

自動車教習所、不人気教官でも大丈夫?

わたしの通っていた自動車教習所は自分で好きな教官の授業を選ぶことができました。
人気のある教官はすぐに埋まってしまいますし、逆に人気のない教官はいつも空いています。
わたしは早く教習を進めたかったので、いつも空いているK先生の教習を選びました。

たしかにちょっと無愛想でとっつきにくい感じのおじさん先生でしたが、
それほど厳しいわけではなく、別にいいかという感じでその先生の教習を積極的にとっていました。
そんなある日の教習中、わたしが運転中に突然咳が止まらなくなってしまいました。

ごほごほ咳き込むわたしを見て、K先生はいつになくあわてた様子で、
「大丈夫か? ほこり吸い込んだか?」と心配して窓を開けてくれました。
普段無口なのに生徒のことを考えてくれているんだなぁと感動しました。
それから卒業までずっとK先生にお世話になりました。
不人気でもわたしにとっては最高の先生でした。

そうして無事に免許をとってはじめて買った車 査定相場を調べているので、懐かしくなっちゃいました。

成長の早いワキ毛

数年前、ジムに通ってました。特にプールを使用してました。
毎回みんな輪になって両手を上げるストレッチをし、脇がモロ見えで少しでも毛が残っていると恥ずかしい状態なので、いつも入念に処理をしてました。

元来面倒くさがりな私なので、毎回剃るのはおっくう。なので、時間があるときにこまめに抜くことにしたのです。
剃るよりも、抜いた方が生えるのに時間がかかるだろうと思い、抜いてからは脇チェックも怠ってました。
そんなに早く生えてはこないであろうという安心感があったのです。

ある時、いつものようにみんなで輪になり両手を上げてノビノビとストレッチしていると周囲の方がチラチラと私の脇を見ているような気がしました。まさか?ね、と思い、何気なく自分の脇を見るとしっかり生えているではありませんか!
恥ずかしくすぎて、それ以降脱毛をする決心をしました。ミュゼ 口コミ評判は以前から知っていたのでミュゼに決めました。
おかげて今は脇チェックしなくて済んでます。

親戚の子に私のうぶ毛を大笑いされたこと

私はとっても毛が濃い体質で、口の周りにもうぶ毛がびっしり生えてしまいます。
いつもならしっかりとむだ毛の処理をしてバッチリ決めているのですが、ついこの間大失敗をしていまいました。

休日に借りてきたDVDでも見てのんびりしていると、いきなりチャイムが鳴りました。
約束なんてあったかなと不思議に思いながら出ると、なんといきなりの親戚の来訪。
そこまでは良かったのですが、私はすっかり気を抜いていて、むだ毛の処理をしていなかったことを忘れていました。

親戚の子は私の顔を見るなり、女なのにヒゲだヒゲだーと騒ぎ始めました。私の口周りにはうぶ毛がビッシリ。
子供って本当に空気が読めません。嬉しそうにヒゲヒゲ言って騒ぐのです。
親戚のおじさんも、フォローなのかヒゲじゃないようぶ毛だよと、一々注意してるのが余計に恥ずかしかったです。

恥ずかしい思い出ですが、これは教訓だと思って、毎朝一番に毛の処理をするようになりました。
だけど脱毛ラボ 口コミを見ていると、自己処理よりもサロンでの脱毛の方がいいかなと思うようになりました。